株式会社サンロード 水道管クリーニング 水質チェック 特定商取引 振込先銀行口座 日々の作業日記

メールでのお問い合わせはこちら


まずはこちらをご覧下さい。

日本の水道は大丈夫??

ゆうちょ銀行、その他銀行の方はこちらから振込情報を確認頂けます。

築20年〜築30年でリフォームが必要になります。

リフォーム実施時の住まいの築年数を見てみたところ、「築10年〜」「築20年〜」の10年周期でピークが訪れています。

また、築15年頃を境にして、「小規模な修繕・補修」に対するニーズと、部分リフォーム(増築含む)」・「フルリフォーム」に対するニーズの強さが逆転することが分かります。間取り変更、設備総入れ替えなどの「フルリフォーム」については、「築20年」と「新築〜築5年未満」の二つの時期が大きなピークとなっています。フルリフォーム実施者のうち19.6%は、新築〜築5年未満の住まいに対してリフォームを実施している、という結果になりました。

リフォームに実際にかかった総費用の全体平均金額は176.6万円でした。

マンションリフォーム、一戸建てリフォーム共に、リフォームにかける費用は小規模な補修中心の「30万円未満」と、部分リフォーム、場合によってフルリフォームまで含めた「100万円〜300万円未満」の二つの価格帯に集中しているようです。

リフォームの大部分はお風呂、トイレ、キッチン。

リフォームを実施した箇所については、全体の4割以上と一番多かったのが「トイレ・洗面」(43.9%)。以下「キッチン」(39.9%)、「お風呂」(39.7%)と、水周りがリフォームの最重要課題となっていることが分かります。マンションと一戸建ての住宅種別に見たところでは、マンションでは「リビング」のリフォームに対するニーズが「キッチン」「お風呂」へのニーズを上回っていることが分かります。一戸建て所有者のリフォームに対するニーズは、@水周りA外装・外壁B屋根に対するリフォームのニーズが内装や部屋の改装に対するニーズを大きく上回っていることが分かります。

水の出が悪い 鉄臭い サビ赤い

こんな症状、被害はありませんか?最悪の場合…破裂することも?!

水道管が悪くなる原因は?

昭和49年頃まで建てられたに家屋
使用されていた水道管は亜鉛めっき鋼管が使用されていました。
この水道管の中は亜鉛めっきが劣化し、管内全面に錆こぶがびっしりと発生し、赤水流出がはなはだしい水道管でした。塩素が鉄を錆させ、錆にバクテリアが付着し、錆こぶと成長させて管内を閉塞させる。水がまずく、衛生的にも好ましくない状態。
昭和50年頃以降に建てられたに家屋
硬質塩化ビニルライニング鋼管使用されています。直管部分の管内は塩化ビニルパイプになっているので、直管部は錆にくくなったパイプです。今でも使用しているところもあります。ただ、管と管をねじ接合する継手やバルブ部分にどうしても錆が発生するという完全な防食対策にはなっていません。特に接続部は異種金属接合部となり極端な劣化が見られ錆で管内を閉塞させている場合が多く見られます。
例)Yさんが水周りのトラブルで工務店に見積を依頼すると・・・約26万円!
当社 給水パイプクリーニング !!
ゆうちょ銀行、その他銀行の方はこちらから振込情報を確認頂けます。

当社の水道管のクリーニング方法

@ 準備(接続)イメージ AC 止水弁 B 赤サビ除去イメージ

 

← @ 準備(養生)イメージ

※ 蛇口にホースやビニールをつけて、中性溶液で周りが汚れないようにします。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

株式会社サンロード 水道管クリーニング 水質チェック 特定商取引 振込先銀行口座 日々の作業日記